サッカースペイン代表の誉れについて

  1920年、ベルギーで開催されたアントウェルペンオリンピック出場を主目的としてスペイン代表が創設された。スペイン代表はホームスタジアムを持たないが、国際大会予選などの公式戦はレアル・マドリードのホームスタジアムであるエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ(マドリード)で行なわれることが多い。

歴史のヨーロッパを代表する強豪国の一つである。FIFAワールドカップでの成績は優勝1回、14回出場した。 特に2010南アフリカワールドカップで優勝した。UEFA欧州選手権での出場合回出場した。1964・2008・2012のUEFA欧州選手権大会で優勝を獲得した。

【サッカースペイン代表の印象】

スペイン代表は、身体、スピード、身長、体力、経済が対戦相手ほど良くないときは、機敏さ、技能、心、意識、精密なチームワーク、自己スタイルの忍耐と勝利の持続性に頼ることができる。その点が一番だと思う。サッカースペイン代表は現在、2018年のロシアワールドカップ予選で5勝1敗となった。

以上。

2016 スペイン代表 アウェイ ユニフォーム 半袖 激安通販

2016 スペイン代表 アウェイ ユニフォーム 半袖の商品ページです。

     ¥3,551円(税込)

スペイン代表 ユニフォーム 2016 アウェイ 半袖 商品詳細

【メーカーカラー】
ホワイト×レッド×オレンジ

【特徴】
・スペイン代表アウェイユニフォーム。
・レプリカモデル。
・UEFA EURO 2016着用モデル。
・クレストから広がる模様は、フットボールのプレー分析に用いられる、ヒートマップをモチーフにしている。
・基本となるクルーネック仕様。
・メーカーロゴ、協会エンブレム上の星は刺繍。
・協会エンブレムは織りワッペン縫い付け。

【機能】
肌に直接見につけても優れた除湿機能を発揮する軽量素材。汗を吸収、乾燥させドライに保ちます。

【素材】
ポリエステル100%

サッカースペイン代表 ユニフォームの演変

  今日は、愛称がLa Roja(ラ・ロハ、赤)。日本では無敵艦隊の愛称で知られるサッカースペイン代表、すなわち2010FIFAワールドカップで優勝のサッカースペイン代表のサッカーユニフォームの歴代演変を説明いたします。サッカースペイン代表の応援ファンたちに役を立ったら嬉しいです。

サッカースペイン代表 ユニフォームと言うと、伝統的に赤に黄色のトリミングをしたものをホームでは使用しています。これは赤と黄色がともにスペインの国旗に使用されていますから。なお赤と黄色はそれぞれ「血と黄金」を現しています。

アウェイでは過去には白、現在はブルー系を基調としたユニフォームを使用しています。2014年ブラジルワールドカップでオランダと対戦する際、国際サッカー連盟(FIFA)から「ホームユニフォームだとオランダとの見分けがつきにくい」と指摘されたことを受け、サードユニフォームを着用することとなった。こちらは白を基調としています。

スペイン代表のロゴはスペインの国章を配した黒地に黄色(金色)の縁取りをした楯の下にサッカーボールとリボンをあしらったものです。楯には黄色で1913と設立年が記され、リボンにはゴシック体でスペインサッカー連盟のイニシャル”RFEF”が記されています。

前述のワールドカップ南アフリカ大会決勝戦はアウェイの紺色のユニホームで試合を行い、優勝を決めるとこの時の為に作られていた「ロゴの上に一つ星(ワールドカップ優勝回数を示す)」のホーム用の赤色のユニホームに着替え、表彰式に臨んです。今後はこのロゴ入りのユニホームが使われています。

-END-

 

2016 スペイン代表 POLOシャツ 通信販売

2016 スペイン代表 POLOシャツの商品ページです。

2016 スペイン代表 POLOシャツ 商品詳細

【メーカーカラー】
ブルー

【特徴】
・スペイン代表のカルチャーポロシャツ。
・2016着用モデル。
・2016春夏シーズン。
・アディダス三本線がポロシャツの両脇下に配置している。
・襟元部分はイエローのサイドを入り、印象度抜群。
・メーカーロゴ、協会エンブレム上の星は刺繍。
・協会エンブレムは織りワッペン縫い付け。

【機能】
肌に直接見につけても優れた除湿機能を発揮する軽量素材。汗を吸収、乾燥させドライに保ちます。

【素材】
ポリエステル・綿